子連れアラサーのランニングろぐ

現在31歳の不真面目社会人がアラサーになってから始めたランニングのログ、マラソンの完走記、反省、展望などの自分への確認も兼ねたブログです。

しわいマラソン 補給食

最後に補給食についてです。

補給食など

 およそ本題の補給についてです。エネルギーの補充はジェルが前半3個、後半3個の計6個の予定です。同じものだと飽きるので、マグオン×2,メダリスト×3,カーボンショッツ(カフェイン入り)×1。メダリストが多めなのは割とジェルの中では好みの味という理由です。 メダリストはパッケージが大きめなためこれまで持ち運びに不便を感じてましたが、今回はフライウェイトレーシングなので好きなだけ持っていっても問題なしありません。 マグオンは足つり防止に前半1つ、後半1つ。岡山マラソンの時にこれを使って足つりなしだったので効果があると思います。ただし、マグネシウムはたくさん摂取するとお腹がゆるくなるという話も見かけたので、取りすぎないように注意。 カフェイン入りのショッツは最後カフェイン頼みの瞬間があるかもしれないということで一つ。 ウルトラなので、補給食を準備しなくてもエイドでしっかり食べればいいのかもしれませんが、一応食べ慣れた物は持っていくに越した事はないかなという事で多めに持つつもりです。また、持ち歩きませんが、レース前とドロップバッグ受け取りでアミノバイタルパーフェクトエネルギーをそれぞれ1つ摂取予定です。 エネルギー補給以外には塩熱サプリを持っていきます。塩熱サプリは私が普段のトレーニングから使っており、塩サプリ系としては一番信頼をしている製品です。ややコストパフォーマンスは悪いですが、安いやつだと私には甘すぎるのでこれが一番です。

最後にアミノ酸系のサプリメントです。 本当ならばVESPAがいいのですが、VESPAは価格的に潤沢に使うほど懐事情は裕福ではないのでスーパーVAAMです。スーパーVAAMをレース前とレース中1時間に1本ずつ摂取する予定です。スーパーVAAMはこれまでのレースでもレース前に必ず飲んでいました。飲むレースはほぼ良い結果ですし、練習でも良いトレーニングができるのでレース用サプリとしては今のところ最も信頼しています。

スーパーヴァーム顆粒 パイナップル味 4g×10袋

スーパーヴァーム顆粒 パイナップル味 4g×10袋

これだけ用意して、結果どうなるかはわかりませんが…レース後また反省もかねてそれぞれの感想を書いていきたいと思います。

しわいマラソン装備 その他の装備品

前回は服装とシューズについて書きましたが,今回はそのほかの装備品と補給食について少し書いてみます。

runninglog.hatenadiary.jp

その他の装備

まだ迷っているものも含めて。おおよそフルだったらつけないけど,ウルトラマラソンだから検討しているものです。

日焼け止め

 日焼け止めも基本使いませんが、日焼けによる疲労を少しでも減らすことを考えると必要かと思います。日焼け止めは汗で落ちおるため繰り返し塗ることが必須ですが、できてスタートとドロップバッグ受け取りのタイミングしかできないので、できる限り塗りなおしが少なく、塗りやすいものとなります。これよさそうだなぁというのはあります。それはアグレッシブデザインのTop Athlete Sun Protect “Fighter”です。

aggressive-design.jp

汗に強く、塗りなおしも不要。コストパフォーマンスは良くなく…購入を迷っている状態です。これでなくても何かしら汗に強いものは使えるものを買うかとは思いますが。

ゲイター

 ゲイターはcepを考えています。これまではフルでゲイターを使ってきましたが、最近めっきりゲイターを使わなくなりました。フルぐらいなら今は使わない可能性が高いです。ただ、ウルトラ…気になるところではあります。日焼け対策として履いておくのもありか?とも思っているので、今回は使う事になるでしょう。来週ぐらいから慣らしをしないと… ゲイターについては、これまでc3fitとasicsのゲイターを履いてきてましたが、自分の評価としてはcep>=c3fit>>>>>>asicsとういう感じ。cepとc3fitの効果は同等だとは思いますが、cepの方が無裁縫のためより均等に圧迫して欲しいところを圧迫してくれるためです。asicsは…一度リレーマラソンでつけて、圧迫のある場所とない場所の差が余りにも激しく、少し走りにくかったためもう使わないかな…。cepで大会に出たことがないのが不安要素ではありますが、練習では峠走にも使っていますし、しんどければ途中で脱いで、ドロップバッグに入れればいいだけですから。

その他

 帽子はアシックスのランニング用の帽子。練習が早朝になった今はほとんど使いませんが,昼間にトレーニングするときにはよく使っていました。フルでは使いませんが、ウルトラでは昼間中走るため日差し除けは必須ということで使います。 後は当日冷えるようならアームウォーマー、雨ならカッパなど当日の天候によってつけ外しは結構想定しています。

400km走ったズームストリークの状況

ズームストリークの走行距離が400kmを超えました。レースシューズとしては寿命が近づいてきました。トレーニングシューズとしてはまだ使うつもりでいますが、だいぶガタがきてきました。使い方が峠走だったりレースペース走だったり、かなりキツイ場面でよく使っていたので、もうちょい丁寧に扱えば秋のレースまで持ったのになぁ…という反省も兼ねて書いていきます。

 

アウトソール

アウトソールはすごい丈夫…というか、グリップが駅伝シューズやマラシューよりもだいぶ劣るというところもあるかもしれません…しかし、これは本当に丈夫。多少削れてきているのはわかりますが、ハードな使い方をしてきた(特に峠走の下りで)のにこれだけ残っているのは素晴らしいです。まだまだ頑張れます。

 

f:id:hayato-f2:20170814220618j:plain

 

ミッドソールのしわ

ミッドソールにはしわは寄っています。だいぶ汚いので分かりにくいですが…

f:id:hayato-f2:20170814220632j:plain

ピカピカだった頃が懐かしい…(半年も経ってませんが)

 

runninglog.hatenadiary.jp

 

一応二日連続で使うような使い方は基本的にはせず、しっかり休ませながら使ったつもりですが、400kmだと流石にヘタってきてます。でも、今でもクッションを感じる事は感じるため潰れきっているわけではないですし、もともとソールの薄いシューズばかり履いている私は走りやすいぐらいです。新品と比較する機会があればいいのですが…

 

アッパー

かなりダメージがあります。もう引退させてもいいのかなと思うぐらいに…

まずつま先。

f:id:hayato-f2:20170814220654j:plain

若干のほつれがあります。日々のトレーニングで指のあたるつま先と小指のあたりがほつれてきています。アッパーは本当に薄いので、これぐらいは仕方ないのかなぁという感じです

 

続いて足の内側。

f:id:hayato-f2:20170814220713j:plain

パックリいっています。これだけパックリいっているとまともに走れるの…?と思うかもしれませんが、そこは靴の内側に補強のストラップがある部分のため今の所問題なし。ストラップも伸びてきているので、いつどうなってもおかしくないのも事実。これは左足ですが右も同じ場所が同じようにほつれ始めています。

f:id:hayato-f2:20170814220726j:plain

これだけのダメージは、まぁおそらく峠の急な下りをブレーキをかけながら下ったことでアッパーに負担がかかったものとおもいます。急な下りを走ることなんてそんなにないですし、普通に使う分には問題がないと思います。

 

 

ただ、ズームストリークはナイキのオフィシャルショップでも色によっては1万を切る価格で販売しているので,リピートするのも良いかと思います。

 

しわいマラソン装備 服装、シューズ編

まだ1ヶ月ほどありますが、しわいマラソンでの服装、そのほかの装備について少し記述しておこうと思います。

 

 服装

シャツはサンフレッチェの今年のレプリカユニフォーム(一度も試合に行けてないのでほぼ新品)、その下にミレーのダイナミックメッシュ(ノースリーブ)です。

ダイナミックメッシュは朝や悪天候はもちろんですが、夕方に冷えてきだした頃の対策です。終盤は走れていても汗だらけのシャツだと体を冷やしてしまいます。お腹の弱い自分は下す自身があるので必須でしょう。実際に着てみるとかなり違います。峠走で使った時にはリュック背負うタイミングでヒヤッと感がありませんでしたし、自転車で会社に行った時は下に着ておくと,会社についてからの冷房で汗が冷えて寒い!ということもありませんでした。ファイントラックのドライレイヤーとも迷ったのですが、先日のプライムセールで安くなっていたのがミレーだったという事でこちらにしました。ファイントラックのパワーメッシュの方が見た目はいいですが…基本的には見えない部分なので格好は二の次です(笑)

サイズは173cm60kgの自分でS/Mサイズがジャストサイズでした。

 

(ミレー)Millet DRYNAMIC MESH NS CREW MIV01248 0247 BLACK - NOIR S/M (EUサイズ)

(ミレー)Millet DRYNAMIC MESH NS CREW MIV01248 0247 BLACK - NOIR S/M (EUサイズ)

 

 

パンツは以前の記事でも登場しましたが,フライウェイトランニングベリーショートです。マルチポケットのショートパンツはこちらのブログが最も詳しいです

THE NORTH FACE Flyweight Racing Very Short サイズM買ったあとサイズSも買ったのでサイズ情報 | Beach Resort Photoclip

私も参考にさせていただきました。

私はウエストが72cm程度なのでSで十分です。インナーパンツは履く時はきつい感じとがしますが、伸縮性が高いため、履いてしまえばきつさは感じません。

エストのポケットの収納力は言わずもがな。補給食,塩タブレットスマホが同時にポケットに入り、シンプルハイドレーションもパンツの裾にかけて持ち運べ,それだけ持ってもほとんど揺れません。半端ではないです。丈も短いので、どんなに汗をかいても、たとえ肌に張り付いたとしても邪魔にはなりません。ただ、股擦れは起こすので長距離走る場合にはワセリンがあるとよいです。超長距離なら防水フィルムもつけて万全です

 

 シューズ

シューズはフライニットストリークです。何度かレビューを上げてる通り、走っていて、アッパーの心もとなさはありますが、つま先の余裕や靴擦れの心配はないので問題なしです。峠走でも使ってみましたが、急な下りでも最低限の仕事はしてくれました。30km以上走ってはいないので実際にどうなるかは…不明ですが、足のトラブルにはitoitexもありますし問題無いでしょう。

後半に足がどうなるかはわかりませんので、ドロップバッグの受け取り地点でクッションが必要だと感じた時のために、普段使いしているジャパンブーストはもっていくかもしれません。

 

何より初めての距離なので…わからない事だらけですので、出来る準備はしていきます。

 

 

さて、今回は服装とシューズの関してでした。次回はその他の装備品(キャップやらゲイターやら)と補給計画について整理をしていきます。

 

 

秋以降の参加予定レース

秋以降のレースの予定とノルマ、目標を立てたので忘れないために記事にします。

参加予定のレース

参加予定のレースは以下の3つ。どれも広島での開催で、近場のため日帰りです。

  • 9月17日 安芸太田しわいマラソン(88km)
  • 11月3日 広島国際平和マラソン(約10km)
  • 11月19日 広島ベイマラソン(非公認フルマラソン)

 

ノルマと目標

それぞれのレースの目標はこんな感じです。

しわいマラソン

  • ノルマは完走
  • 目標は来年以降の100km参加資格(10時間切り)
  • 初めての距離なので予想も検討もつかないけど、とりあえずキロ5分30ペースを基本にしてオーバーペースにならないように

 

広島国際平和マラソン

  •  ノルマは40分切り
  • 目標38分台
  • キロ3分55で行って、後半我慢、ラスト絞り出す
  • 序盤の1km〜2kmがやや下りなので、そこでリズムを作れれば

 

広島ベイマラソン

  • ノルマは3時間15分
  • 目標サブ3
  • フラットな周回コースなので多分得意。キロ4分15で入って行けるところまで。あわよくばサブスリー。そんなに甘くはないと思うけど。

 

 

 

ベイマラソン以降は仕事でレースどころではなくなる可能性が高いため、普通の人のシーズン最盛期はオフシーズンです。春に余裕があればなにか出ようかな?

 

目標はありますが、しわいマラソンだけは未知の距離と体験なので、不安なところもありますが、ジタバタしても仕方ないのでlsdのつもりで気楽に走ろうかと考えています。 

月200km弱でどれだけやれるのか。乞うご期待

対足汗トラブル最強靴下 itoitex

私はランニングでシューズが水没するというのは都市伝説だと今朝まで思っていましました。今朝のトレーニングでそれがはっきり間違いだと察しました。itoitexのレビューとあわせてそのことを書こうと思います。

 

今朝はキロ4分30〜4分40で20km以上。出来れば30kmのつもりで、日の出前の5時に家を出発。格好は上からモンベルのクールT、ノースフェイスのフライトウェイトレーシングランベリーショート、itoitexの靴下にナイキのフライニットストリークという格好。クールTは薄くて軽い上に速乾も最高なので重宝しているシャツです。下手にasicsadidasでTシャツを買うよりも安くて良いものなので練習用としておすすめ。ノースリーブもハーフジップタイプですがあって大会用に買おうかと迷ってるぐらいです。

さて,スタートした時点で27℃と気温は高く暑い。走り始めて5kmの時点でこりゃ30kmどころか20kmもキツイと弱音が出てしまうほど。その頃には日も上がり,少しずつ気温は上がっていく。

10km辺りで袖が汗を吸って重くなり、腕振りの邪魔になってきたので肩まで捲る。もうこの時点で30kmは諦め、とりあえず20kmをなんとか走りきることを目標に切り替え。13km過ぎにはパンツが足に張り付く感じが出てくる。フライトウェイトレーシングベリーショートは若干撥水加工がされているのですが,内側からくる汗がしみてくると足に張り付くようになる。そもそもの丈が短いので,張り付いたところで邪魔にならないですが、さらに丈が短くみえるので、気になる方は注意が必要かもしれません。

もうシャツもパンツも汗を吸う余力もないので状態でそこから10kmほど走り,結局23kmでギブアップ。1時間46分ほどで、平均ペースが4分35秒でした。

帰ってみると,シャツは絞れるほどに汗を吸っており、パンツも元の色から変わっていない場所がないほどに汗を吸っている状態。また,シューズも全体も汗を吸っていて臭いし重い。以前,フライニットストリークでインターバル走をした時に、フライワイヤーが擦れて豆になったこともあったのですが,その時よりも圧倒的に汗の多い今回の状態でも足のトラブルは一切なく、足もしっかりと乾いたままでした。

普通の靴下と比べて履き心地も良し、涼しさも良し、吸水性も良くて豆などのトラブルにも強い上に強度も高いとのことで、文句のつけようがないです。全ての靴下をこれに変えてしまいたいぐらい。ランニング用の靴下を始めて履いた時以上衝撃でした。itoitexはアーチサポートなどの機能はありませんが、必要ならばテーピングでいいわけですし(靴下のアーチサポートよりもそっちの方が効果があります)滑り止めも効果を感じたことが私はないので不要。個人として必要だと思う最低限で最大の機能を持っているので、今後ランニングの靴下は練習でもレースでもitoitex一択になりそうです。

もし、ちゃんと靴紐は結んでいるのに、靴はちゃんとサイズはあっているのに豆ができてしまうというお悩みを持っているようでしたら絶対にオススメなので検討してみてはいかがでしょうか

 

 

 

iPad Pro 10.5 自分史上最高のタブレット

今回もランニングとは全く関係ありません。

最近、iPad Pro 10.5を買ったのでそちらの絶賛レビュー。

 

iPad Proを買うきっかけ

家にはiPad (4th generation Wifi 16GB)が既にありました。ブラウジングDAZNなどを気軽にできて,特に問題がないことから発売当初は買うつもりは毛頭ありませんでした。ただ、最近は妻のレシピ検索、子供が寝ているときの調べものなどで使っていることが多く、自分が使うようなことが減ってきていました。その分ノートPCを家の中でも持ち歩いていたわけですが。

そんな中,新しいiPad Pro 10.5インチを会社で購入することに。何となく会社ではそういったデバイス担当になっていたためセットアップから試用をして…衝撃を受けました。

 

Apple Pencilの出来のすばらしさ

Apple Pencilも値段が値段だけれども、どうせスタイラスでしょ…と思っていましたが、すみませんでした。

ペンのリアクションがこれまでとは全く別物。一般に売られているスタイラスと一緒にしてはダメでした。普通スタイラスはどうしても先が太くタッチしている場所が確認しずらく,誤タッチも多くなってしまいます。そのため、最初スタイラスを使っていても次第にめんどくさくなって、指での操作をしてしまいます。それは専用のスタイラスのあるSurfaceでも同様でした。

Apple Pencilは先が細いので誤タッチ率が下がる。これだけでもスタイラスとは違いますが,何よりもiPad Proのために最適化されたデバイスであるため,一般的なスタイラスには絶対できないPencilの良さがあります…

 

www.apple.com

iPad Pro 2017の進化

タブレット上にスタイラスで線を引いたことがある方もいらっしゃるかと思います。私も以前からそういったことをしてきましたが,スタイラスを動かしてから実際に線が引かれるタッチから線の描画までに遅延がありました。そのため違和感が大きく字がきれいに書きづらく、私は見れたものではないものしか書けませんでした。それが2017年モデルからはフレッシュレートが毎秒60回から毎秒120回に更新され,ペンで書いた手書きのメモもほとんど違和感なく文字を書くことができます。これまでのでも動画の視聴やアプリの操作では不自由はなかったのですが,iPadiPad Proを比較してみると全く別物。

これまでもこれでノートがいらなくなる!とか手帳いらず!とかいう文言を見ることはありました。しかし、私はきれいに書けた試しがなかったため割と白けた目で見ていました。今回のiPad Proは本当にノートがいらなくなるのではないかと思えるぐらいに書き味はよく、素晴らしいという感想しか出てきません。

www.apple.com

 

値段は…値段ですが、画面のサイズが大きくなったのもプラスして秋公開のiOS11はiPad Air以前iPadが非対応になっています。そういったことも含めてiPad 4th以前をお持ちの方はもちろんおススメですし,Air以降を持っている方でも実際に触ってみると絶対に違いを感じます。気になる方はお店でお試しを!

 

なお、私が一緒に買った周辺を一応紹介しておきます

カバー

 

ペンホルダーがついているのと,伸縮性のハンドストラップがキモ。ペンホルダーにApple Pencilをつけておけば無くす心配もありません

なお,ApplePencilにはクリップがついていないのでクリップも買いました

 

この二つは合わせて買って本当に正解でした。ペンシル最高です。

 

画面保護のフィルムは色よりも書き味メインで考えていたので,ペーパーライクフィルムをつけています。

 

 

会社のiPad Proはガラスフィルムですが,やはりPencilを使うにはツルツルして書き味がイマイチ…紙のような質感が欲しいなという感じがあって買ったのですが,こちらで正解でした。どうしても色合いはガラスフィルムには劣るところはありますが,Pencilを使うことの多い場合にはこちらのほうがおススメです。